フランチャイズのデメリット

運営や扱い商品に制限がある

個人でお店を持ちたいときの運営方法としてあるのがフランチャイズでしょう。これまでお店の運営経験が無くてもノウハウなどを教えてもらえ、いろいろなサポートがあるので開店当初からそれなりに儲けらえる可能性があります。ただしメリットばかりでなくデメリットもあるので、それを把握したうえで利用しなければいけません。フランチャイズによっては運営方法や仕入れ商品が決められていて、独自の判断で運営方法を変えたり仕入れ先を変更したりができません。飲食店のフランチャイズによってはメインのメニューは決められているものの、一部独自のメニューを考えて提供できるところもあります。自由な経営がしたいなら自由度の高いところを選ぶと良いでしょう。

契約期間運営を続けないといけない

初めて個人でお店を持つとき、ノウハウがないとお客さんに来てもらえないかもしれません。生活をするためにはできるだけ開店当初から利益を出す必要があり、そのためにフランチャイズを選択する人もいるでしょう。いざ始めるとそれなりにお客さんがついてくれるようになり、そのうち自分なりにノウハウが身についてフランチャイズに頼らず運営したくなるかもしれません。しかしフランチャイズによっては契約期間が設けられていて、その期間内はやめられなかったり他のフランチャイズへの変更ができないときもあるので注意しましょう。契約期間の有無や長さはフランチャイズによって異なるので、将来的に独自の運営がしたいなら契約期間の制限が少ない所を利用しましょう。