直営とフランチャイズの大きな違いは?

こんなにも違いがある!

自分の力だけで事業を展開していく場合には、とても多くの資金と知識や実績などが必要となるでしょう。直営店としてお店を運営していく場合、基本的にはサポートしてくれる人はいません。ノウハウを誰かが教えてくれるわけでもなく、自分自身が持っている知識と実績で勝負していかなくてはなりません。もちろん、全て自分で行っていくため、自分で色々と組み立てて行くことはできるので、そう言った意味ではやり甲斐を得られるでしょう。ただ、費用面を含めて、かなり大変な仕事になる場合が多いです。その一方でフランチャイズは直営店とは大きく違って、さまざまメリットを得た上で事業を展開していけます。これから行う事業のノウハウが無くても大丈夫です。

手軽に始めることができる!

フランチャイズの場合、加盟することでその企業のノウハウを受け継ぐことができます。ですから、今まで一度も携わったことのない仕事だったとしても、問題ありません。ある程度纏まった資金とやる気さえあれば乗り切ることができます。例えば飲食関連のフランチャイズで加盟したとすれば、もともとすでに会社としては実績を積み上げていますし、知名度もあります。知名度はとても大きなポイントで、これから仕事を始めていくのにすでに多くの人々に名前は知られているわけです。また、研修制度もありますので、自分のお店をオープンする時には一人前になっています。そして、最初の頃は、お店の新規オープンで応援などにも来てもらうことができます。