フランチャイズ契約とは違うの?直営店って?

フランチャイズチェーン及び直営店の相違

フランチャイズは、本部の運営管理をする会社と加盟した個人等が契約を交わすことで、商標を使ったり、共通の販売品やサービスを供与できる権利を手にできるシステムです。加盟店から本部へ対価として加盟金などを支払い、開業した後は継続してロイヤリティなどを支払います。独り立ちしたオーナーなので、チェーン本部に雇われているわけではありません。 一方で直営店は、チェーン運営会社がダイレクトに運営を行うことを意味します。店や人間、必要な設備なども全部自分の会社でまかない運営します。店長は本部の会社にダイレクトに雇い入れられている人材になります。ただし部分的には、委託契約を本部の会社と取り交わして店長として働いてているケースがあります。

直営店のメリットとデメリット

本部からすれば、自分の会社で雇い入れる従業員やパートタイマー、アルバイトに店の管理運営を委ねる直営店は、全般的なマネージメントが行ない易くスムーズに管理することができる方法とも言えるでしょう。本部が手にできる収入に関しても最高限度まで押し上げることができます。メリットとして自分の会社で雇う人材に対して店の直接運営を委任することからマネジメントをやり易く、チェーン全体の一元コントロールがきくことがあげられます。また、経営上の戦略の切り替えやスタンスの転換を可及的速やかに周知することができ、フレキシブルに対応できます。 それに対し、新しい出店については店や土地取得、採用などを 、原則として自分の会社で準備することが求められ、費用がかかります。